手揉み茶

昨日はみんなで
わたしの実家に畑仕事
畑の隅っこに
天ぷら用に茶の木を少し残してあります。
まだ芽が柔らかかったので
孫たちがお茶摘みをしました。
2422BE64-2837-4E37-8A51-C3CBFBD0D0E5.jpeg
それを電子レンジで
蒸して
09363FE8-6AF4-484F-8E99-D8E4B8CC4117.jpeg
揉みます。
8E51EB7A-9021-4656-AF2B-15219A7F91CB.jpeg
部屋中に
懐かしい茶工場の匂いが
立ち込めます。
これを5、6回繰り返して
出来上がり
3723215C-EC29-407C-8A02-7097A5FB6386.jpeg
早速お急須で入れてみました。
ふくよかな新茶の香りがしました。
うれしくて早速
仏壇の父に供えました。
あんなに一生懸命
お茶作りをしていた父だから
喜んでいると思います。
長女に飲ませたら
一言
「おじいちゃんのお茶の味だぁ♪」
父の味にはかないませんがね(笑)

昨日は
主人が苗を育てたトウモロコシと
枝豆の苗を植えてきました。
チビ孫が玉ねぎの試し採りをしたら
もう8センチくらいになっていました。
夕食に採りたての
オニオンスライス、甘くて美味しかった。


孫たちは
田舎の空気を吸って
生き生きしてました。

あっ、上の孫
受験生ですけど(笑)
やる時はやってるみたいだから
いいか。。。















この記事へのコメント

2020年05月09日 14:15
こんにちは〜。
お茶葉、こうして作られるのですね〜♪

さぞ美味しかったことでしょう。
香りがここまで漂ってきましたもの^^

土いじり…自然の中で過ごす時間は今は
とても貴重な時間ですね。
上のお孫さん、よいリフレッシュされましたね〜(*´꒳`*)
れに
2020年05月09日 22:40
aliceさん
ありがとう♪
昔は実家にも茶部屋とか紙すき部屋とかあって時給自足の生活をしたようです。
わたしが小さいころはまだ自分の家で
お茶を仕上げていました。
昼間にお茶刈りをして夜に茶揉み
祖父や父は農繁期には寝る時間が
なかったそうです。
茶工場に、泊まり込みだったそうです。
そうして川根茶というブランドを
作り上げていったんですね。
だから茶畑をなくしてしまうのは
断腸の思いでした。

今夜は長女が生葉をみじん切りにして
お湯を注いだお茶を入れてくれました。
それも新茶の香りがして美味しかったです。
生葉を冷蔵保存してあるので
これからいろいろ工夫してみるつもりです。
ハーモニー
2020年05月11日 16:53
こんにちは。
手揉み茶、懐かしいです♪
私が旧昭和村でボランティアしてた時、かやぶき屋根の「白川茶工房」で、毎年お茶揉み体験やっていたのを思い出します。
名産地の白川から専属の職人さんが来てて、私もやらせてもらいました。
揉みたての新茶は本当に良い香りがして、美味しかったです。
そこで天ぷらも食べましたよ。
揉み手によって、味が違うことも学ばせていただきました。
れにさんご実家にも茶畑があるのですね。
お父様を思い出し、懐かしかったことでしょう。
週一で畑仕事、身も心もリフレッシュできますね☆
れに
2020年05月12日 13:05
ハーモニーさん
ありがとう♪
そうでしたね。
以前の記事で読んだ記憶があります。
本場の手揉みって
温めたほいろの上で揉むんですよね。
昔は実家にもありました。
私のは簡易手揉みで
電子レンジで蒸し
まな板で揉みました。
でも香りは抜群でしたが
本格的な手揉み茶には
かないません。

生葉を冷蔵庫保存してあるので
昨日は
お茶の葉の天ぷらにしました。
ちょっと苦味があって
美味しかったです。