Kおばさんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 記念樹2本

<<   作成日時 : 2018/04/16 11:50   >>

トラックバック 0 / コメント 7

孫たちの生まれた時、植えたハナミズキが咲いています。


チビ孫っちの赤いハナミズキ
画像



上の孫の白いハナミズキ
画像



この花の咲き方の違いを見て家族が笑います。

「性格が現れているね。」と。


チビ孫っちはどうしても自分が一番でないと気が済みません。

花もそう、もう小さい木にこれでもかと咲いて自己主張(笑)

上の孫は

どうぞ、お先に、私はゆっくりとマイペースで進みますよ。と控えめに咲いています。




筍料理は続きます。

画像


昨夜は木の芽和えにしました。

そろそろ飽きてきた。

主人は友人を誘ってまた筍掘りへ。。。

今日は山頂まで登ると言っていたから

半端ない量だと思います。

冷凍だな。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
二人のハナミズキ。。。どっちも好きだな〜♪♪(笑)
筍、我が家はシーズン中欠かさず茹でて冷蔵庫に鎮座しています!
以前は胃が痛くなるほど食べていました。(≧▽≦)
飽きるなんて贅沢です!!
大きいのだと1本千円はしますよ〜〜!(笑)
misa
2018/04/16 20:47
misaさん
ありがとう♪
私も最初の筍をたくさん食べるので
胃が悪くなり口内炎ができます(笑)
でもなんで口内炎ができるかわからないんですよね。
よくよく考えるとたけのこの食べ過ぎ。
大人気ない(笑)そしてすぐ飽きる。

筍そんなにするんですか?驚きです。
今日も50本位掘ってきて、友人に配りました。
送れるものなら送るのに。でも味が落ちると
絶対送らないんですよ。差し上げる人にも
すぐ湯がいてください、と。
主人のこだわりなんです。
れに
2018/04/16 22:02
そういえば前に記念の花の話
したことがありましたね。
今、思い出しました。

ところが、わが家のハナミズキは
上の孫か真ん中の孫か・・・
どっちの記念に植えたのだったかな?
情けない話。思い出せません。

タチバナとハナミズキを植えた。
ここまでは思い出せるのですが(大笑い)。

うちの店もタケノコがお皿にありました。
みんな好きですね。
私は先っぽの柔らかいところしか
食べないので、大きなタケノコも
ちょっとしか食べるところがありません(大笑い)。

コーヒー屋の方にも大きなタケノコが
二本置いてありました。
お客さんにもらったようです。
タケノコは、まだまだたくさん
とれるようですね。
ごんざ爺
2018/04/17 00:26
ごんざ爺さん
ありがとう♪
ごんざ爺さんとこのハナミズキも
綺麗に咲いていましたね。

やっぱり旬の物は一度は食べたいですよね。
今年はよく採れるようですよ。
こちらでもたけのこは買うものではなく
もらうもののようです(笑)
れに
2018/04/17 10:10
コケ魔女さん
拙いブログに気持玉をありがとうございます。
れに
2018/04/19 09:38
こんにちは〜お久しぶりです・・・m(_ _;)m

筍かぁ〜逆流性食道炎の私には控える食べ物の一つなのですが、今年はお客さんからいただきました!私はもらってしまうと当日アク抜きしないといけないというのがとっても嫌なんです!といつも言ってるので、そのお客さん、ちゃんとアク抜きして持ってきてくださって!な〜んて有り難い・・・感謝感激でした\(^o^)/
しかもちょうどよい二本だったので美味しくいただきました(๑´ڡ`๑)
これが大量になるとウンザリなんですよねぇ〜凄ーーーく分かりますよ〜!!
ハナミズキ綺麗ですね♪我が家のハナミズキは台風で倒れて無くなりました・・・無くなるとまた欲しくなるけど、もう〜木は植えないことにしました!

前記事の内容も読ませていただきました!
お母様の介護大変ですね・・・
私の実父も今在宅介護の真っ最中で、元々手に負えないほどの自己中人間なので、家族みんながてんてこ舞い状態・・・
私は普段離れてて見てるわけではないけど、自分の老後が益々不安に感じようになりました。
安心して老後を迎えるにはどうすればいいのでしょうか?
ため息が出ちゃいます( ´〜`)フゥ〜

どらはなこ
2018/04/21 11:54
どらはなこさん
ありがとう♪
今日も主人は友人を連れて行ってきました。
湯がきましたが、ほんとに飽きました(笑)
冷凍して春巻きとかチンジャオロースにするつもりです。
解凍して繊維に沿って切れば、たけのこの
シャキシャキ感は残ります。

今は手厚い介護システムですが
私たちの頃はどうなるんでしょう。
それを考えると、不安ですね。
れに
2018/04/21 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
記念樹2本 Kおばさんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる