Kおばさんのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 筍掘り

<<   作成日時 : 2018/04/10 20:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今日は主人の実家の山に

筍掘りに行ってきました。

画像


30本くらい掘ってきました。

初物なのでご近所さんに配り

我が家でも若竹煮、和物、マヨネーズ焼きを作りました。

山に登って、土に触り、地球のエネルギーをしっかり

戴いてきました。


これからは私の愚痴です。スルーしてください。

行きの車の中で

母のケアマネから電話で

「今朝、○○さんから電話があり、今日は家のことをしたいから

デイサービスはお休みさせてくださいとのことですが、

どうしますか?」

あきれましたね。。。

自分で電話するとは。

ほんとにデイサービスが嫌だったんですね。

でもたった1日、いや半日行っただけですよ。

私たちがどんなに手を尽くして早急に受け入れてくれる施設を探したか、本人は

わかっているはずです。

却って完全な認知症になってくれれば、いうがままにデイサービスも通うのでしょうが。。。

初日も、あれほど

「リビングにいてね、迎えの人がここまで連れに来てくれるから。」と

何度も念を押したのに、下の家まで歩いて行っていたそう。

さくらがかわいそうで、目の前では別れられない、と言って。

結局、段取りもちゃんと決めたのに、自分は裏口からでて、鍵を締めたそう。

4時までお預かりのはずなのに1時半ころ母から電話があり、「どうしたの?」と聞くと

「年寄りばかりでなーにも面白くない、食事も美味しくなく、砂を噛むように食べてきた。」と。

無理を言って、1時ごろ送ってきてもらったようです。

母90歳、もしかしたら自分が一番年上かもしれないのに。。。


あーぁ、こんなに手がかかる人だったの


初日、幼稚園児を始めて預けたように、わたしも時計ばかり見て

今頃、何やってるかな、とか思っていました。



ちび孫っちも上の孫も新しい生活に慣れて楽しそうに登校しているのに

一番心配していなかった母が、こうなるとは。

予想外の展開です。

先が思いやられます。

どうしたらいいんだろう。

自宅で好きに過ごしていたほうが楽なんでしょうね。

ヘルパーさん、看護師さんの見守りだけにしたほうがいいんだろうか。

あー、悩みます。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
筍・・・大好き
れにさんのご近所に引っ越ししたいな〜♪(笑)
今日小さな筍を買って筍ご飯にしました。

お母さん、お元気だって事ですね。
こちらのご近所でも、色々なご老人が居られます。
デイサービスに行くのを嫌がってた人は 多趣味で家に居るのが好きな人でした。

デイサービスの方でお友達が出来ると良いでしょうね。
れにさん、叱らないでね〜。

misa
2018/04/10 23:13
misaさん
ありがとう♪
筍、旬の時は美味しいですが
飽きますよ(笑)
明日も友人たちと行くそうです。

母のことも焦ってはダメですね。
慣らし保育のように徐々に時間も
増やしていこうかと思っています。

チビ孫っちにもいつも言われてます。
私が大きい声で話すから怒っているように聞こえるのね。
「ばぁば、大きいばぁばを怒っちゃダメ。」
れに
2018/04/11 15:36
難しいですね。
私の母は、喜んで行ってましたが
口がきけなかったので、施設が
困ってたでしょうね。

足がきかず口がきかず。
毎日母の目を見ていろいろ
自分なりの判断をして行動
させていました。

朝、お迎えの車に間に合わない時は
私が送っていってました。
父もお風呂に入りたいので
デイサービスに行きかけましたが
わが家は、二階が住み処なので
移動が大変でした。

サービスも車の送り迎えが¥いくら。
玄関から部屋までの手伝いが¥いくら。
いくらでもお金がかかり、食事も
しないで帰ってくる日が多く
かわいそうなので、私が一緒に住んで
お風呂も食事も担当しました。

後半は、介護の人にきてもらって
お風呂のお手伝いをしてもらっていました。

たまには私もゆっくりしたいと
母をお泊まりのサービスにあずけた
ことがありましたが、夜中に施設から電話。
「お宅のお母さんが骨折されましたので
病院へ連れて行ってください」ですって。

ビックリして飛んでいって病院に
運びました。
嘘みたいなこんな事もあるのですよ。
それに何度もアザをつくって帰ってきました。
デイサービスの施設で何度も転んだそうです。
歩けないのはわかっているのに
「ちょっと目を離したすきに」なんて
なんど言われたか!

書き出したらきりが無いので・・・。
でもいろんな事が起こるので
何処に預けても安心は出来ません。

何とかお母さんと、同じ家で暮らせれば
いいのにね。

私は、嫁をわが家においたまま
私だけ実家に戻ってきましたから。
最後の十何年は、母、父、私の3人暮らし。
家族を感じましたよ。

それが気持ちよく、いまだにわが家には
帰らないで、実家で一人暮らしをしていますが(笑い)。
ごんざ爺
2018/04/14 19:53
ごんざ爺さん
ありがとう♪
貴重な体験談、頷きながら読ませていただきました。

今日、実家から帰ってきましたが
母も気が弱くなっているのか
「じゃあ、帰るね。」って言ったら
涙がポロっと。
始めてです。帰るね、と言って泣かれたのは。
主人は連れてきて一緒に住もうと言ってくれるんですが
母は自分の家で自由にできることをやって
暮らしたいみたいです。
デイサービスもお友達も出来たらしく週2回なら行くと約束してくれたので
しばらく様子をみます。
今日は調子がいいらしく畑仕事をしていました。
でも思ったように体が動かないのがショックのようです。
れに
2018/04/14 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
筍掘り Kおばさんのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる